売却を検討している人必見!掛け軸の買取について初心者にも分かりやすく基本情報を紹介

こちらのサイトは、コレクションをしていた人はもちろん遺品整理の片づけをしているときに押入れの中などから見つかった掛け軸の買取について初心者にも分かりやすく基本情報を紹介しています。
美術品としての価値があるものなので高く売れると考える人は多いけれども、売却先を選ぶときのポイントを把握しておかないと思っていたよりも安くなってしまうなどのケースはゼロではありません。
ここはで、依頼先を選ぶときのポイントや中国の作品は査定評価が高めなどにも触れているので参考にされることをおすすめします。

売却を検討している人必見!掛け軸の買取について初心者にも分かりやすく基本情報を紹介

一口に掛け軸といっても、作者や制作された年代などにより価値が変わるといわれているので掛け軸の売却先を選ぶときには経験や実績が豊富な買取専門店を中心に考えることが大切です。
リサイクルショップなどでも売ることができるケースはありますが、持ち込んだ商品の価値そのものを知らなければ本来の掛け軸の価値が引き出されませんし、有名な作者や贋作などに関係なく買取価格が同じなどのケースもあるわけです。
なお、鑑定力あるお店は掛け軸や保管ケースでもある桐箱などに記されている署名など、これらで評価して貰うことができます。

掛け軸とは?書や絵などを観賞用に表装した装飾品

掛け軸とは、書や絵を観賞用に表装した装飾品です。
掛け軸とは古来から美術品として重宝されてきたものであり、伝統の和風文化には欠かせい装飾品となっています。
掛け軸とはそもそも、髪などを貼って床の間に飾れるように仕立てる書画のことをいいます。
掛物にはかけ幅と呼ばれいて、縦長の掛け軸は縦軸と呼ばれます。
床の間の形状によって種類を変えることにより、装飾をすることができるのです。
日本には飛鳥時代に仏教とともに伝来したといい、仏画の掛け軸と共に来日したといいます。
その後日本でも書かれるようになり、日本独自の製作をするようにして、芸術価値を高めていき、日本独自の発展を遂げて行っています。
現座では日本美術を代表する製品の一つとなり、日本の床の間に欠かせない商品となったのです。
画や字を表紙にして、装飾するのにも約束事があります。
材料も色々なものが使用されており、紫檀やかりんなどの樹脂を使用し、水晶などの高級品を用いることもあるのです。

描かれた年代は買取を利用する前に知っておきたい掛け軸の価値の決め手になる情報の一つ

掛け軸を保有しているものの売却を検討しているという人は、売却前にいつ頃描かれたものかを把握しておくのがおすすめです。
描かれたタイミングによって価値が変わるので、ある程度正しく把握しておくと良いでしょう。
しかし自力で調べるのは難しいので、プロの力を借りて調べるのが適切です。
掛け軸の年代調査で最もおすすめなのは、買取専門店のサービスを利用することです。
最近ではLINEなどのツールを活用してオンラインで査定してくれるところも増えているので、気になる場合はまず写真を送ってみると良いでしょう。
査定は基本的に無料で行ってもらえるので、気軽に利用することができます。
商品を店舗に持ち込んだり自宅に査定しに来てもらったりしなくて良いので、利用しやすいと人気の仕組みです。
無料査定の結果として希少価値の高い年代に描かれている掛け軸で高値で取り引きされているということが判明すれば、売却を検討するのもおすすめです。

掛け軸を見分けることは難しいので価値を知るときには骨董品を買取する買取専門店へ

掛け軸というと、内容は分かっても作家や作品が作られた時代、そして何より見ただけで価値を理解するのは難しいのではないでしょうか。
掛け軸を見て見分けがつかない、あるいは作品の詳細や価値を知りたいと思ったら、骨董品を取り扱い買取している専門店に相談をおすすめします。
専門店は日頃から年代物の作品に触れていますし、時代背景を含めて作家や作品に精通していますから、相談相手として最適です。
買取専門店の鑑定士は、デリケートで扱いが難しい骨董品を扱っているわけですから、掛け軸についても安心して任せられます。
基本は店舗に持ち込みとなりますが、数が多かったり遠方の場合は出張してもらえる場合もあります。
売却が前提になるものの、査定のみでも歓迎していたり、無料で出張査定を行っている専門店も存在します。
掛け軸を目利きの鑑定士に見てもらうと、真贋の判別に加えて作家、作品名に年代や価格も判明しますから、知りたいことが一通り分かるのではないでしょうか。

掛け軸の中には贋作と呼ばれるものもあり買取価格が下がる

掛け軸というと名作は高額で桁が違うのが当たり前だったりしますが、一方では贋作についても気になるのではないでしょうか。
掛け軸の贋作は絵画や骨董品と同様に、真作に似せて作られていたり、あるいは他人が著名な作家の名前を入れて流通させているものなどを指します。
当然ながら本物と同じ価値はありませんから、買取の際には真作よりも価格が下がったり、そもそも買取拒否となることも珍しくないです。
素人目には一見して本物と見分けがつきにくいのが厄介ですが、粗悪なものだと印刷しているだけで、近づいてよく見ると誰でも真作ではないと分かるものもあります。
しかし、世の中には見分けがつかないことを追求して作られているものもあり、沢山の掛け軸を見てきた鑑定士でなければ判別できないものも存在します。
印刷ではなく手書きで、しかも掛け軸の素材も本物そっくりだったり、経年によるシミ汚れなども再現していますから、買うにしても売るにしても騙されないように注意が必要ではないでしょうか。

掛け軸に関する情報サイト
掛け軸買取の基礎知識

こちらのサイトは、コレクションをしていた人はもちろん遺品整理の片づけをしているときに押入れの中などから見つかった掛け軸の買取について初心者にも分かりやすく基本情報を紹介しています。美術品としての価値があるものなので高く売れると考える人は多いけれども、売却先を選ぶときのポイントを把握しておかないと思っていたよりも安くなってしまうなどのケースはゼロではありません。ここはで、依頼先を選ぶときのポイントや中国の作品は査定評価が高めなどにも触れているので参考にされることをおすすめします。

Search