売却を検討している人必見!掛け軸の買取について初心者にも分かりやすく基本情報を紹介

こちらのサイトは、コレクションをしていた人はもちろん遺品整理の片づけをしているときに押入れの中などから見つかった掛け軸の買取について初心者にも分かりやすく基本情報を紹介しています。
美術品としての価値があるものなので高く売れると考える人は多いけれども、売却先を選ぶときのポイントを把握しておかないと思っていたよりも安くなってしまうなどのケースはゼロではありません。
ここはで、依頼先を選ぶときのポイントや中国の作品は査定評価が高めなどにも触れているので参考にされることをおすすめします。

売却を検討している人必見!掛け軸の買取について初心者にも分かりやすく基本情報を紹介

一口に掛け軸といっても、作者や制作された年代などにより価値が変わるといわれているので掛け軸の売却先を選ぶときには経験や実績が豊富な買取専門店を中心に考えることが大切です。
リサイクルショップなどでも売ることができるケースはありますが、持ち込んだ商品の価値そのものを知らなければ本来の掛け軸の価値が引き出されませんし、有名な作者や贋作などに関係なく買取価格が同じなどのケースもあるわけです。
なお、鑑定力あるお店は掛け軸や保管ケースでもある桐箱などに記されている署名など、これらで評価して貰うことができます。

掛け軸とは?書や絵などを観賞用に表装した装飾品

掛け軸とは、書や絵を観賞用に表装した装飾品です。
掛け軸とは古来から美術品として重宝されてきたものであり、伝統の和風文化には欠かせい装飾品となっています。
掛け軸とはそもそも、髪などを貼って床の間に飾れるように仕立てる書画のことをいいます。
掛物にはかけ幅と呼ばれいて、縦長の掛け軸は縦軸と呼ばれます。
床の間の形状によって種類を変えることにより、装飾をすることができるのです。
日本には飛鳥時代に仏教とともに伝来したといい、仏画の掛け軸と共に来日したといいます。
その後日本でも書かれるようになり、日本独自の製作をするようにして、芸術価値を高めていき、日本独自の発展を遂げて行っています。
現座では日本美術を代表する製品の一つとなり、日本の床の間に欠かせない商品となったのです。
画や字を表紙にして、装飾するのにも約束事があります。
材料も色々なものが使用されており、紫檀やかりんなどの樹脂を使用し、水晶などの高級品を用いることもあるのです。

描かれた年代は買取を利用する前に知っておきたい掛け軸の価値の決め手になる情報の一つ

掛け軸を保有しているものの売却を検討しているという人は、売却前にいつ頃描かれたものかを把握しておくのがおすすめです。
描かれたタイミングによって価値が変わるので、ある程度正しく把握しておくと良いでしょう。
しかし自力で調べるのは難しいので、プロの力を借りて調べるのが適切です。
掛け軸の年代調査で最もおすすめなのは、買取専門店のサービスを利用することです。
最近ではLINEなどのツールを活用してオンラインで査定してくれるところも増えているので、気になる場合はまず写真を送ってみると良いでしょう。
査定は基本的に無料で行ってもらえるので、気軽に利用することができます。
商品を店舗に持ち込んだり自宅に査定しに来てもらったりしなくて良いので、利用しやすいと人気の仕組みです。
無料査定の結果として希少価値の高い年代に描かれている掛け軸で高値で取り引きされているということが判明すれば、売却を検討するのもおすすめです。

掛け軸を見分けることは難しいので価値を知るときには骨董品を買取する買取専門店へ

掛け軸というと、内容は分かっても作家や作品が作られた時代、そして何より見ただけで価値を理解するのは難しいのではないでしょうか。
掛け軸を見て見分けがつかない、あるいは作品の詳細や価値を知りたいと思ったら、骨董品を取り扱い買取している専門店に相談をおすすめします。
専門店は日頃から年代物の作品に触れていますし、時代背景を含めて作家や作品に精通していますから、相談相手として最適です。
買取専門店の鑑定士は、デリケートで扱いが難しい骨董品を扱っているわけですから、掛け軸についても安心して任せられます。
基本は店舗に持ち込みとなりますが、数が多かったり遠方の場合は出張してもらえる場合もあります。
売却が前提になるものの、査定のみでも歓迎していたり、無料で出張査定を行っている専門店も存在します。
掛け軸を目利きの鑑定士に見てもらうと、真贋の判別に加えて作家、作品名に年代や価格も判明しますから、知りたいことが一通り分かるのではないでしょうか。

掛け軸の中には贋作と呼ばれるものもあり買取価格が下がる

掛け軸というと名作は高額で桁が違うのが当たり前だったりしますが、一方では贋作についても気になるのではないでしょうか。
掛け軸の贋作は絵画や骨董品と同様に、真作に似せて作られていたり、あるいは他人が著名な作家の名前を入れて流通させているものなどを指します。
当然ながら本物と同じ価値はありませんから、買取の際には真作よりも価格が下がったり、そもそも買取拒否となることも珍しくないです。
素人目には一見して本物と見分けがつきにくいのが厄介ですが、粗悪なものだと印刷しているだけで、近づいてよく見ると誰でも真作ではないと分かるものもあります。
しかし、世の中には見分けがつかないことを追求して作られているものもあり、沢山の掛け軸を見てきた鑑定士でなければ判別できないものも存在します。
印刷ではなく手書きで、しかも掛け軸の素材も本物そっくりだったり、経年によるシミ汚れなども再現していますから、買うにしても売るにしても騙されないように注意が必要ではないでしょうか。

買取前に床の間に掛け軸をかけたとき長さが30cm以上余るものは中国の作品の可能性も

日本の中で流通されている掛け軸は、奈良時代に中国から伝わったものだといわれていますが、伝わった当初は拝むものなどの目的で伝達されたものです。
時代が変わることで日本らしさを象徴する季節感溢れる風景画を描いた作品などに人気が集まり、中国の掛け軸とは異なった文化で発展して来ました。
中国には、古くから詩と絵画はセットになっていなければならない書画同源の考え方があり、中国の作品には必ず絵画に詩句が添えられているなどの特徴があります。
買取の中でも高額査定になることが多いのですが、その見分け方は床の間にかけたとき長さが30cm以上余るものは日本製ではないといわれることも少なくありません。
その理由の中には、中国の掛け軸はサイズの基準がないこと日本の場合は床の間に合わせたサイズで制作されているなどの違いが挙げられます。
このように大きさなどからも見分けができますし、他にも見分け方は多数あるので買取前に調べておきましょう。

掛け軸の買取を利用するときには箱などの付属品を揃えておくのが高価査定のコツ

掛け軸が飾ってあり、不要なものとなった場合、そのまま売るよりも付属品が揃っていたほうが高く売ることができるチャンスがあります。
箱など、入っていたケースなどをきちんと確認して、付属品も含めてまとめて掛け軸の査定を行っていくことをおすすめします。
買取サービスを利用する前に、掛け軸の査定に対応しており、日本の骨董品の歴史にも詳しいなど専門知識を持つスタッフでないと、適正価格での査定が難しいジャンルでもあります。
事前に専門店で査定に出すことを意識しながら、実績があるお店を見つけられるように比較をすることが大切です。
出張買取サービスに関する情報を集めていき、自宅に居ながら査定を行うことができますし、扱いに注意する必要もあるため、プロに回収作業を依頼することをおすすめします。
ケースへの入れ方など、丁寧に扱わないといたんでしまうことがあるため、プロに任せていけるようにすることも大切であり、現金もその場で受け取ることが可能です。

破れや日焼けなど保存状態が悪い掛け軸も買取可能?

古くから伝統として受け継がれてきた掛け軸を持っていたとして、かなり状態が悪くなって汚れや破れ等が酷くなってしまうと、もう使用することが不可能になってしまうので処分することを検討すると思います。
しかし、ただ処分するにはあまりにも勿体ない品物なので、保存状態がそこまで悪くないのであれば買取専門店へ相談してみるようにしましょう。
買取を承諾してもらえる条件に関しては、掛け軸の魅力ができるだけ損なわれていない保存状態を維持できていること、あまり損傷が激しくなくてちょっとした補修さえすれば綺麗な見た目を維持できると判断された場合になります。
また、状態がかなり良い場合だと高額で買い取ってもらえることも期待できるので、とにかく処分を検討している掛け軸があるのであれば査定してもらうことをおすすめします。
そして、状態が少し悪い場合でもお店によっては買い取ってくれる場合もあるので、最初から諦めてしまわずに行動してみることが良いでしょう。

掛け軸を高価買取に繋げるためのメンテナンス方法や使い方

自宅に掛け軸など美術品が多く眠っており、季節やイベントに合わせて自宅に飾って楽しんでいるというご家庭は多いですが、価値のある美術品だからこそ普段の取り扱いや飾り方を間違えたくないと考える方も増えています。
掛け軸は古美術品としてコレクターも多く、日本画を中心に買い取りを行っている専門店に持っていくと高値で買取をしてもらえる可能性も高いため、将来高価買取に繋げるために正しいメンテナンス方法や使い方を知っておく必要があります。
まず掛け軸は表層用布と裏打ち用和紙と本紙の書画によって仕立てられているので、湿度の影響を受けやすいといわれています。
そのため普段自室に飾る際には濡れた手で触るのは厳禁であり、床の間に一緒に花や置物と一緒に飾る場合には花の水滴や花粉が付着しないようにするためにも、重ならないように飾ることがポイントです。
また保管する場合も室温が設定できる暗所を選び、湿度の高くならない風通しの良い場所ならシミやカビから防ぐことができます。
定期的に状態をチェックして汚れやカビなどがついていない確認するなどメンテナンスも必要です。

掛け軸には床掛けと仏壇の掛け軸の2つがあり、いずれも買取の対象

掛け軸というものをご存知でしょうか。
これは日本固有の美術品とも称されてるもので、古くは平安時代に発祥を持っています。
縦長の和紙を用いて表面に絵または書をしたためたものですが、大きく分けて2つの種類に分類をされます。
まず多く見かけるのが床掛けであり、絵を表現しているものが大半です。
もうひとつが仏壇の掛け軸で、こちらは各宗派をあらわす書です。
どちらも古美術買取の対象となっており、多くのお店で査定を実施されています。
一般家庭の場合、この掛け軸のなかでも床掛けを飾る方が多い傾向です。
昨今では洋風建築のお宅でも和室備えていて、そこに床の間があります。
ここで掛け軸を飾るのですが、不要となったものがあれば処分をするよりも買取査定を受けられると良いでしょう。
とくに先祖代々受け継いできたものであれば、非常に希少価値のあるものかもしれません。
査定のみでも古美術店では対応をされていて、本来の価値を知ることが可能です。

掛け軸に関する情報サイト
掛け軸買取の基礎知識

こちらのサイトは、コレクションをしていた人はもちろん遺品整理の片づけをしているときに押入れの中などから見つかった掛け軸の買取について初心者にも分かりやすく基本情報を紹介しています。美術品としての価値があるものなので高く売れると考える人は多いけれども、売却先を選ぶときのポイントを把握しておかないと思っていたよりも安くなってしまうなどのケースはゼロではありません。ここはで、依頼先を選ぶときのポイントや中国の作品は査定評価が高めなどにも触れているので参考にされることをおすすめします。

Search